綺麗なバスト

綺麗なバスをを作るのって大変ですか?の答え

 

  • 垂れたバストになってしまう理由は?
  • 自宅で出来るバストアップ方法
  • セルフエステマシンは必須か?

 

垂れたバストになってしまう理由は?

 

 

年を取るにつれ、バストの形が崩れていく…
という悩みを抱えている人は実はとても多いみたいです。
というのも、何もしなければバストが下がっていくのは当たり前のことなのです。

 

バストは体の中でも特に動かない部分です。
何もしなければ筋肉が落ちますし、リンパや血流が滞りがちです。
日本人はもともと筋肉が少ないので、あっという間にバストが下がるようです。

 

 

また、リンパや血流の滞りにも関連することですが、普段の姿勢にも要注意です。

 

長時間のデスクワークなどで日頃から背中がまるまっていると、
大胸筋など胸付近の血流が滞り、胸のハリが失われていきます。

 

このほか、加齢だけではなく生活習慣が原因になることもあります。
バストのハリを保つのは、エストロゲンという女性ホルモンの役割です。
乱れた生活を続け、ホルモンバランスが崩れると下垂の原因になります。
バストを美しく保つには健康的の食事がとても重要です。

 

垂れたバストを元に戻すためには、
エクササイズで筋肉を鍛えたり、マッサージで血行を良くしたりするほか、
食事にも気を使う必要があるのです。

 

このように原因を調べてみると、
バストアップに向け、やるべきことが沢山ありそうですね。

 

自宅で出来るバストアップ方法

 

 

バストが垂れる原因からエクササイズ、マッサージ、食生活の改善が必要なことが分かりました。
こんなに一度に対応できない!と焦ってしまうかもしれませんが、
わざわざエステやジムなどに行く必要はありません。
それぞれ自宅で対応できるものばかりです。

 

 

それでは、自宅でできるバストアップ方法を3点に分けて考えていきましょう。

 

まず、バストアップに必要なエクササイズについてです。
バストはデコルテ部分にある大胸筋に支えられています。
バスト全体を支える大胸筋を鍛えることで、バストの下垂予防が期待できます。
具体的には、すでにご存知かもしれませんが、
胸の前で手を合わせる合掌のポーズが大胸筋を鍛えるのには有効です。

 

また、簡単な対処法として姿勢を直すことから始めても良いでしょう。
猫背がちな方は、背筋をピンっと伸ばすだけでバストアップにつながります。
姿勢を意識するだけなら、普段から無理なく行えそうですね。

 

次に、バストの血行を良くするマッサージについてです。
下から上、外から内へマッサージすることが基本になります。
手を胸の外から内側へ、バスト全体を持ち上げるような感じで円を描くようにマッサージします。
左側は右手で、右側は左手で行うことがポイントです。
また、脇の下や鎖骨辺りに乳房への血管が集まっているので、
ここを揉み解すと効果的です。

 

最後に、食生活の改善についてです。
女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌を高めるには、
ボロンを含む食品が良いようです。
ボロンはりんご、ぶどう、梨などの果物や、
大豆、アーモンド、ピーナッツのナッツ類に含まれます。
このほか、昆布、わかめ、ひじきといった海藻や、キャベツ、ハチミツにも含まれています。

 

また、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンや、
良質なたんぱく室が多く含まれる乳製品も欠かせません。

 

これらの食材を取り入れ、バランスの良い食事を取ることが重要です。

 

セルフエステマシンは必須か?

 

 

自宅でできるバストアップの方法を色々と紹介してきましたが、
セルフエステマシンを使えばもっと楽になるかもしれません。

 

EMSというマシンのことはご存知でしょうか?

 

 

EMSは低周波・中周波・高周波の電流を利用して筋肉を刺激して、
強制的に収縮させる運動器具のことです。

 

あれは筋肉を鍛えたい男性向けじゃないの?と思われるかもしれません。
もちろん、EMSは主に効果的な筋トレやダイエットを目的として使われていますが、
実はバストの筋肉を鍛えるのにとても使えるマシンなのです。

 

大胸筋を鍛えるためのエクササイズとして、合掌ポーズを紹介しましたが、
地道な筋トレなので、効果が出るまでに時間がかかってしまうのが難点です。

 

もっと早く効果を出したいと考える人は、
EMS機能がついたセルフエステマシンを使うのが早道です。

 

合掌ポーズをEMSマシンに置き換え、マッサージと食生活の改善を行えば、
短期間でバストアップを叶えることができるかもしれません。

 

 

トップページには見逃せない情報が・・・